鈴木紀久 TOSHIHISA SUZUKI
サクソフォーン奏者 | 作曲・編曲家
昭和15年(1940年)生まれ。
昭和34年(1959年)高校での音楽部を経て、仲間と共に
「西青少年音楽団」(後に大阪市青少年音楽団に改称)を発足。
主宰者として地域の交流と音楽発展に尽力する。
辻井市太郎氏の推薦により大阪府警察音楽隊に奉職。
音楽隊入隊中に大阪音楽大学短期大学部に入学する。入学当初はclarinetを専攻したが、在学中にsaxophoneへ転向した。
卒業演奏会に推薦され出演(下部写真欄に演奏会案内有り)。当時短大卒の出演は異例であった。
東京藝術大学教授の阪口新氏に教えを受ける。
昭和38年(1963年)警察音楽隊を退職し、PL吹奏楽団に入団。全国各地を演奏して廻る。
昭和42年(1967年)には自身のバンド
「鈴木紀久とNew Leaves」を結成し、PLランド専属バンドとして歌謡歌手のサポートを長期に渡り行なった。
また、大阪フィルハーモニー管弦楽団や大阪市音楽団など、主要楽団へ客演奏者として参加。
​これらの活動に加え、24歳頃から約30年間、クラブ等でのFull Band(sax)やピアノ演奏など、毎夜、精力的に演奏活動を続けた。
演奏の傍ら、子供ミュージカル、TVCMソング、校歌、歌謡曲の制作など、作曲・編曲家としても各ジャンルで活躍。
その後は自宅にレコーディングスタジオを作り、DTMにより音源制作を始める。デビューする新人歌手のオリジナル音源など、現在に至るまで多数の制作を手がけている。
日本音楽著作権協会準会員(作曲)
戦後日本の激動の時代と共に育ち
音楽を続けてきた父の数多くの記録から
若かりし時代の写真を少量ですが掲載しております。どうぞご覧ください。
鈴木孝紀
クリックすると大きく見れます。