『Nuit Tranquille』

1, YUGURE  (T.Suzuki)
2, Nuit Tranquille  (T.Suzuki)
3, Lost Bird  (T.Suzuki)
4, Medianoche Oracion  (S.Aikawa)
5, The Flow Of Time  (T.Suzuki)
6, The Gap Between Night Sky And Land  (T.Aratama)
7, Straining  (T.Suzuki)
8, Raindrops  (T.Suzuki)

9, Influence  (T.Suzuki)
10,Home (T.Suzuki)



鈴木孝紀トリオ
TakanoriSuzuki TRIO

鈴木孝紀 Takanori Suzuki (Clarinet&Bass Clarinet)
愛川 聡 Satoshi Aikawa (Guitar)
荒玉哲郎 Tetsuro Aratama (Bass)

 

Recording & Mastering engineer: Koji Mannami
​Assistant Engineer: Hiromi Kishimoto

Recorded at SANWA Recording Studio
On September 23rd, 2021

Artwork & Desin: HIROKO
Photography: Takanori Suzuki 
Producer: Takanori Suzuki

Takanori Suzuki Plays
​Backun Clarinet〔Lumiére B♭ SP/GP Posts, Grenadilla〕
SELMER Clarinet〔B♭ Bass Clarinet Privilége




2015年にTRIO結成後、同年1stAlbum 『COLLAGE』2018年に『Paracca』を発表。
このTRIOはオリジナル曲を発表していくコンセプトで結成し、以後大阪を拠点にレギュラーライブを重ね
てきました。

今回の作品は

『Nuit Tranquille』(ニュイ・トランキーユ)

フランス語ですが、日本語では『静かな夜』という意味です。
その名の通り”夜”をモチーフにした楽曲を集めた作品です。
全ての人が平和で静かな夜を過ごせますように。

これまでの作品は、室内での響きや音のブレンドを大事にしたい意向でワンポイントレコーディングにこだわりクラシックホールでの録音を行ってきました。
今回トリオ作品としては初のスタジオでのレコーディングとなりました。

関西の老舗スタジオである三和レコーディングスタジオにて、数々の作品を排出されてきたレコーディングエンジニア、万波幸治さんのお力をお借りしてレコーディングに臨みました。
レコーディングからミキシングに至るまでイメージを即座に汲んでくださり、アシスタントの岸本さんの作業も的確で、全般の作業が大変スムーズに運びました。素晴らしいエンジニアさんとスタッフの皆さんです。また今回の作品はバックーンクラリネットを使用しており、その明るく豊かな音色の特性もお楽しみ頂ければ嬉しいです。



ジャケットについて
今回のジャケットは、収録曲Track3の[Lost Bird (迷い鳥)』に通づるイメージになりました。
鈴木自身が海辺で撮影した写真を加工し、絵のように仕上げていただきました。
海の深い青も、今回のトリオサウンドにマッチしていると思います。


本作品にはライナーノーツを封入しておりません。
解説は曲を思い浮かべた時の
素直なイメージが多く、
抽象的な表現が多くなりますが、このページをお読み頂いて
少しでもこの作品に興味を持ってもらえたら嬉しいです。



曲目解説

1.YUGURE 
"夕暮れ"
昼から夜に変わっていく少しの夕暮れ時。
風の強い日。高速道路を駆け抜けているイメージ。

(なんて書いてますが、長らくノンタイトルだったこの曲。
作曲した時の素直な印象を思い出して命名いたしました。)




2.Nuit Tranquille
フランス語で意味は
"静かな夜"
静かに吹いた弱い風が身体を包む。
少し寒いが心地は良い。
ゆっくりゆっくり、進みたい。

 
 

3.Lost Bird
"迷い鳥"
群れから逸れた一羽の鳥が、嵐の中、雨の中を必死で進む。仲間を探して。
崖を下って川を辿り、森をくぐり抜けたら、突如目の前に広がる広大な海。




4.Medianoche Oracion
"真夜中の祈り"
真夜中の静まり返った教会。一人の神父が、内に秘めた情熱を押し殺しながら無言でキリストの像に跪いて祈っている。そんな情景を思い浮かべながら作ったナンバーです。(愛川聡)




5.The Flow Of Time
"時の流れ"
日々変化する社会の中で一人一人がそれぞれの色んな想いを抱いて過ごしている。
刻々と過ぎていく時間の流れや、その時間の速さをイメージして作曲しました。




6.The Gap Between Night Sky And Land
"夜空と陸の隙間”
過ごしやすい夏の夜から徐々に肌寒い秋へと季節が移ろいでゆく・・

「夜空と陸の隙間」にもぐり込んで寝ていた
山之口貘さんの詩の世界にインスパイアされました。(荒玉哲郎CD "RETRO MODERN" より引用)




7.Straining
"緊迫"
上手に説明は出来ないのですが、自然の猛威を思い知らされたこのコロナ禍。
今まで誰もが経験した事の無い状況。緊迫した世界の情勢。
どうにも出来ないもどかしさ。
そんな心理状態を表しています。




8.Raindrops
"雨粒"
雨音さえも響く静かな夜。
少しだけ開けた車の窓から入る、湿った風と雨音。
雨に濡れたアスファルトの匂い。
瞑想する時間。





9.Influence
"影響"です。




10.HOME
どこへ行こうとも基本に戻る事。
思考は常にそれを繰り返しています。
ここでは原点回帰という意味が強いかもしれません。
その場所の安堵感は偽りなく、思考をニュートラルにしてくれます。


 
YMTN-2201_dg-4panel_ol 2.jpg